頭痛と咳の関係 - 原因 大阪 整体

頭痛の治療情報!症状の原因と根拠を追求

咳がキッカケの頭痛

症状

頭痛 - 整体の考察

治療

咳やくしゃみをするなど<りきみ>で起こる頭痛を「良性咳嗽性頭痛」といいます。 

このような日常生活の中で特定の動作や刺激によって起こる頭痛の総称を「労作性頭痛」と呼んでいます。 

この頭痛も片頭痛と同じように血管が拡張して起こる頭痛です。 


 原因と治療

痛みは頭痛に限らず血管が拡張して起こります。その時プロスタグランジンなどの発痛物質が放出され知覚過敏になって痛みを感じます。

咳は異物を体外へ排出するために起こりますが、これは自律神経の中の副交感神経が司っています。

このときアセチルコリンの働きで血管が拡張するのです。 

咳が出る直前はストレスで血管は収縮気味ですが、急激に血管が拡張するためにさらに頭痛が強まるのではと考えられています。

毎回同じ動作で頭痛が起きるのであれば労作性頭痛の可能性が高いのですが、急性の頭痛や咳に加えて熱があるときには風邪や喉の疾患も考えられるので内科や耳鼻咽喉科への受診をおすすめします。 

労作性の頭痛に限らず、頭痛が起こっている時に咳などで頭痛がひどくなるのはとてもつらいですよね。

咳のしすぎで頭痛が起こっているのであれば、咳止めを処方してもらって体力が落ちないうちに早めに咳を治めたほうがいいでしょう。

いずれにせよ我慢は禁物です。



症状の原因と治療自律神経失調症
原因耳鳴り めまい
症状めまいの原因

頭痛と咳の関係
腰痛対策
ばね指の腱鞘炎
四十肩と五十肩
耳鳴りの改善法


Copyright© 頭痛と咳の関係 - 原因 大阪 整体. All rights reserved.